calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
        

selected entries

categories

archives

recent favorites

2020冬アニメの感想。。。

0

    今日はこどもの日か。
    昼前からウォーキング。暑い。もう半袖でも大丈夫だな。
    2時間弱ほど歩いて帰宅。12800歩。いい感じ。
    飯食いながら「アルテ」の第5話を観た後、デレステのイベントを1時間ほど。
    フリックが思うように滑ってくれなくてイライラw
    ちょっと前から新しいフィルム買わないとと思っているのについつい忘れてしまっている。
    夕飯前に買いにいこっと。ダイソーで売ってるのんで十分である。

     


    えっと今日はタイミングがだいぶズレてしまったけれど、冬アニメの感想をさらっと。
    完走した作品は以下のとおりだった。

     


    「恋する小惑星」
    「推しが武道館いってくれたら死ぬ」
    「映像研には手を出すな!」
    「へやキャン」
    「群れなせ!シートン学園」
    「空挺ドラゴンズ」
    「宝石商リチャード氏の謎鑑定」
    「ソマリと森の神様」
    「はてなイリュージョン」
    「ランウェイで笑って」
    「虚構推理」

     

     

    僕にとっては「恋する小惑星」「推しが武道館いってくれたら死ぬ」が2強だったな。

    とりあえずその2作の感想を少しずつ。

     

     

    「恋する小惑星」
    これはハマったなあ。めっちゃよかった。
    毎週の楽しみだったな。音泉のラジオもよく聴いていた。
    ラジオは隔週更新だったのがとても残念だったものだ。
    キャラでお気に入りは真中あおちゃんだ。もうかわいくてかわいくてw
    まあみんなキャラはよかったけどね。
    最終回のラストで木ノ幡みらちゃんの瞳の真ん中に今までなかったハイライトが追加されている。
    これは真理にたどりついた者だけが獲得できるものらしい。
    みらの姉のみさには最初からこれが存在している。すでに真理に到達しているというわけだ。
    そういう話をラジオの中で聞いた。そんなエモい演出が隠されていたとはねえ。
    エモいと言えば第4話の合宿回はエモシーン連発だったな。
    特にイノ先輩が国土地理院に行くまでの一連の流れはたまらんですなあ。
    そしていま原作にも手を伸ばしているところ。1巻まで読了。
    これは是が非でも続きが見たい作品。
    楽しみに待ちたい。とりあえず原作読破しておこう。

     

     


    「推しが武道館いってくれたら死ぬ」
    アニメが終わって即原作に進んだ次第。ただいま原作の第4巻を読んでいるところだ。
    これもほんとおもしろかったなあ。終わってしまうのが辛いという感覚。
    でも原作に進んでよかった。さらにキャラが深く知れたような気がする。
    当然ながら原作とアニメは違うけれど、どっちもおもしろいし。
    僕の推しは一応、えりぴよと同じく舞菜。ていうかその視点で最初から見ていた。
    でも、あーやに推し変?しそうになる瞬間はあったなw
    この子のようなぶれない感じ、とても好きなのだ。
    いや、ちょっと、待て。そういやロリ脱却を試みていたな。失敗してすぐにやめていたけれど。
    まあとにかくこういうあーやのまっすぐなところは大好きだ。
    目頭が熱くなるシーンはいくつもあった。
    中でもせとうちアイドルフェスティバルのステージに上がる前の自販機前でのシーンはほんと泣けた。
    負けそうになるれお。そんなれおに優佳とあーやが自分の思いをぶつける。
    その思いは間違いなくメンバー全員の総意だ。ChamJamのセンターはれおしかいないのだ。
    そして舞菜までもが、れおを励ますのだ!もう、こんなん泣くわあの出来上がりだ。
    ステージに上がった舞菜を出迎えるえりぴよ。ああ、なんと幸せなシーン。
    はあ、最終回まで見てきてほんとよかったなあ。

    最終回でそう思えるアニメはほんと最高なのだ。

     

     

     

    その他の作品についても少しずつ感想。

     

    「映像研には手を出すな!」
    おもしろさは予想を超えていた。水崎ツバメちゃんの拘りは浅草より上なのでは?

     

    「へやキャン」
    やっぱりいい!梨っ子スタンプラリーはそういうことか。2期がますます楽しみになるショートでした。

     

    「群れなせ!シートン学園」
    このバカバカしさがたまらんね。ギャグアニメとしては十分楽しかった。

     

    「空挺ドラゴンズ」
    まあまあよかったかな。ジローとカーチャのエピソードとかけっこう好きです。

     

    「宝石商リチャード氏の謎鑑定」
    正義の性格がどうしても好きになれず。最後の方は自分自身グダグダになってしまった。

     

    「ソマリと森の神様」
    柴田理恵さん演じるローザおばさんが異様に怖かったw最後は思っていたものと違っていたけど?

     

    「はてなイリュージョン」
    はてな可愛かった〜鈴木愛奈ちゃんを知れたのが最大の収穫だったな。

     

    「ランウェイで笑って」
    これは2強に劣らぬぐらいにおもしろかった。続きがみたい。ゆみりちゃんがますます好きになった作品。

     

    「虚構推理」
    設定とかよくわからなかった。正直、小説で読んだほうがおもしろいかもね。

     

     

     

    全体的におもしろいシーズンだったと思う。
    冬アニメはだいたい良作揃いのような気がするけど、気のせいかな。
    アニメ業界も今はコロナの影響でひどいことになっている。
    こんなことになるとはだれも予想していなかっただろう。
    とにかく早く収束してほしいと思う限り。

     


     

    以上

     


     


    2020春アニメの展望。。。

    0

      先週の17日から出社していない。
      今週は月曜から昨日まで在宅勤務だった。
      そして今日と来週月曜は有休消化、火曜は先の11/23を振り替えての休日。
      29日からはもとのカレンダーどおりゴールデンウィーク休暇である。
      こんなクソみたいなゴールデンウィークは記憶にないね。
      よくなる兆しがぜんぜん見えない。辛い。

       

       

      今日は春アニメの話題。
      新型コロナの影響がアニメ業界にもいろいろな形で波及している。
      アフレコは全停止らしいし、制作も滞っていたりするとのこと。

      そういうわけで放送延期が相次いでいる。
      今後もそういうお知らせがどんどん入ってきそうだね。
      そんな状況ではあるが今期のラインナップを挙げておく。

       

       

       

      「アルテ」
      3話まで視聴。
      石畳もの?は好物なので。
      ていうかガチの中世イタリアが舞台ならそうなるわな。
      実際にイタリアまで取材にいってきた模様。
      女性が画家になるなんてあり得なかった時代の話。
      まあどこでも職業選択の自由なんかなかっただろう。
      主人公アルテのcvは小松さんだけど、なんか似てない?
      アルテが小松さんなのか、小松さんがアルテなのか。
      何かを成し遂げようとする話は好きだし、舞台もいい。視聴決定。

       

       

       


      「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」
      17話まで視聴。
      これは分割2クールの2クール目だ。
      楽しみに待っていたので、当然視聴決定。
      いよいよ神殿が舞台だな。
      登場人物も一気に増えておもしろくなってきた。
      とりあえずフランがわかる奴でよかったよ。
      さらにギルとデリアまでもあっさり掌握。さすがです。

       

       

       

       

      「BNA ビー・エヌ・エー」
      2話まで視聴。
      最近流行りの動物もの?
      1話を見ていたがもう楽しくて仕方がない感じ。
      動く動く。さすがTRIGGERやなあと。吉成曜監督作品。
      リトルウィッチアカデミアも好きだったし、絶対これ面白いやろ!と。
      それからヒロイン影森みちるのcvが諸星すみれちゃん。
      天才の名をほしいままにしてきた彼女。これも楽しみな要素だ。
      もちろん視聴決定だ。

       

       

       

       

      「球詠」
      4話まで視聴。
      最近野球流行っているのだろうか?
      「8月のシンデレラナイン」も見ていたけれど。
      つーかこれ、おもしろいやん!
      富田美憂ちゃんが出ているという理由でなんとなく見始めたのだけれど。
      さっさと試合にまでこぎつけてしまう潔さがいいw
      野球選手として好みは中村選手だね。小笠原タイプ?
      キャラとしてはやっぱり息吹選手だな。(←声優補正ちょっとあり)
      野球初心者だけに、うまくなっていく過程が楽しめそうだ。
      ライバル?も登場したけれど、いい人そうでよかった。ギスギスパターンは好みではないので。
      あと、EDもめちゃいい感じと思ったら麻枝さんだった。これはたぶん買うね。

       

       

       


      「放課後ていぼう日誌」
      3話まで視聴。
      釣りは小学生の頃に親父に連れられてよく行っていた。
      チヌ釣り、カワハギ釣り、アジ釣り、ハゼ釣り、キス釣りなどなど。
      僕が好きだったのはテトラでの根魚釣りだった。
      メバル、ガシラ、アブラメなど。けっこう引きが強力なんだよね。
      それなりにバトル感もあるし、根掛かりとの闘いでもあったな。
      今ではすっかりご無沙汰状態。
      そんなところへ釣りアニメ。興味を惹かれたので見ることにした。
      制作は動画工房だし、それなりに楽しめそうだ。
      ※4話以降放送延期。ぐぬぬ。

       

       

       

       

      「イエスタデイをうたって」
      2話まで視聴。
      原作は未読。これも動画工房で藤原佳幸監督作品。
      まあそれだけで見てみようとは思う。
      ただストーリー的にどうだろう。苦手な部類かもね。
      痛々しい感じ?ヒリヒリする感じ?昔はけっこう好きだったんだけどね。
      最近はそういうのを見るのにはちょっとした精神力を必要とするのだ。年のせいw
      野中晴ちゃんのようなキャラ。とってもヒリヒリしてきますなあ。
      最後まで立ってられるかわからんけど、とりあえず見てみます。

       

       

       

       

      「社長、バトルの時間です!」
      3話まで視聴。
      音泉で新配信のラジオを探していたら、市ノ瀬加那ちゃんの名が。
      あれ、なんのラジオ?と思ったらこれだった。
      まったくノーマーク。ラジオから知るというw
      1話は見遅れたけどAmazonですぐさま補完。
      会社経営+バトルみたいな感じ?
      キャラデザ&総作監の渡邊敬介さん曰く
      「ご飯食べながら観るようなスナックアニメになればいいなー」
      ということなのでそんな感じで見ていこうかな。

       

       

       

       

      「LISTENERS」
      3話まで視聴。
      ROCK好き必見みたいな触れ込み。
      で1話のタイトルが「リヴ・フォーエヴァー」 Live Foreverときた。Oasisやん。
      さらにリバチェスタという街のバー「オアシス」!ROCK好き必見てそういうことかと。
      おっ!と思ったのは3話の「ユー・メイド・ミー・リアライズ」You Made Me Realise。
      マイブラはよく聴いていたけど僕が一番好きだったのは『Isn't Anything』。これ名盤ね。
      そのアルバムの中に「Sueisfine」という超かっこいい曲が入っているのだが、
      3話に出てきたビリンとケヴィンが乗ってたマシンのSUEはここから取ったらしい。
      うーむ。さすがにそれは言われんと気づかんわw

      まあなんかそんな小ネタがいろいろ仕込まれてるみたいなのでちょっと見てみるかな。

       

       

       


      「新サクラ大戦」
      3話まで視聴。
      このコンテンツは聞いたことはあるけれどまったく知らない。
      新と付いているからまるまる新作なのだろうか。
      ちょっとよくわからないけれど、とりあえず見てみようかな。
      ていうかロボットものだったのね。それすら知らんかったというw

       

       

       

       

      「プリンセスコネクト!Re:Dive」
      3話まで視聴。
      もともと視聴する気はなかったんだけど、ちょっとしたきっかけがあった。
      プリコネについては全く知らんかったけど、デレステとコラボがあったんだよね。
      で十時愛梨ちゃんがカバーした「Lost Princess」が追加されていたんだけど、これが半端なくよかった。
      もうめちゃめちゃよかった。感動するレベル。また、原田さん、歌うまいんだな〜
      もちろんオリジナルはその時は未視聴だったけどね。
      そんなことがあったんで、んじゃアニメ見てみるかな〜くらいの感じ。
      ぺコリーヌ、コッコロ、キャル。みんなかわいい〜視聴決定〜
      デレステしてなかったらこうはなっていなかった。これは運命かもね。


       

       

       

       

       

      とりあえず10本。
      あとまだ録画して未視聴のものも何本かあるので、追加あるかも。
      5/6まで13連休。自分なりにみっちりヲタ活してやるからな!

       


      以上

       


      2019年アニメのまとめ。。。

      0

        もう2月だけど。
        2019年の視聴アニメまとめ。

         


         冬アニメ 1月-3月
        「風が強く吹いている」2クール目
        「ピアノの森」分割2クール目
        「エガオノダイカ」


        春アニメ 4月-6月
        「川柳少女」
        「ひとりぼっちの○○生活」
        「Fairy_gone フェアリーゴーン」
        「世話やきキツネの仙狐さん」
        「賢者の孫」
        「進撃の巨人 Season3 第2期」
        「8月のシンデレラナイン」
        「キャロル&チューズデイ」
          

        夏アニメ 7月-9月
        「かつて神だった獣たちへ」 
        「手品先輩」
        「ソウナンですか?」
        「彼方のアストラ」
        「ダンベル何キロ持てる?」
        「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」
        「コップクラフト」
        「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」
        「BEM」
        「Dr.STONE」
        「ヴィンランド・サガ」
         

         秋アニメ 10月-12月
        「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」
        「放課後さいころ倶楽部」
        「真・中華一番!」
        「星合の空 -ほしあいのそら-」
        「アサシンズプライド」
        「BEASTARS ビースターズ」
        「神田川 JETGIRLS」
        「私、能力は平均値でって言ったよね!」
        「Fairy gone フェアリーゴーン」分割2クール目
        「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-」

         

         

         

        いつもの年よりも少なかったなあという印象。
        だんだん少なくなるのかもね。
        とりあえず特に印象に残ったのは、

         

        「風が強く吹いている」
        「Fairy_gone フェアリーゴーン」
        「進撃の巨人 Season3 第2期」
        「キャロル&チューズデイ」
        「ダンベル何キロ持てる?」
        「Dr.STONE」
        「ヴィンランド・サガ」
        「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」
        「放課後さいころ倶楽部」
        「BEASTARS ビースターズ」

         

         

        中でも「ヴィンランド・サガ」は毎週おもしろくて仕方がなかった。
        続編に期待したい。あるんでしょ?

         


        以上

         


        2020冬アニメの展望。。。

        0

          アニメの話題。
          冬アニメが始まってざっと3週間ほど。
          だいたい3話まで終わったくらいのタイミングである。 
          今期はけっこう期待できそうなのでは?と思っているのだがさてさて。

           

           

          「恋する小惑星」
          3話まで視聴。
          小惑星はアステロイドと読むそうな。
          動画工房できらら系ならそら見るわという感じ。
          天体観測というテーマもいいしね。
          キャラでは真中あおちゃんが可愛くて仕方ないw
          もちろん視聴続行だ。

           

           

           


          「映像研には手を出すな!」
          3話まで視聴。
          これおもしろい!
          アニメ作っていくんだよね。おもしろくないわけがない。
          設定オタクっているもんなあ。
          画面は彼女たちの脳内再生がメインと言っていいだろう。
          そのアニメーションがもう最高やね。
          水崎ツバメちゃんのcv担当の松岡美里さんが気になった。
          けっこう好きな声かも。てこれがアニメ初出演なんだね。
          しかも兵庫県出身なのか。どこだろ?同郷なら余計に気になるよね。
          もちろんこれも視聴続行。

           

           

           

           

          「へやキャン」
          3話まで視聴。
          つーか短い!
          今回はスタンプラリーの話だな。
          へやキャンというのはなに?
          とりあえず劇場版と2期へのつなぎということで。
          当然、視聴続行。

           

           

           

           

          「群れなせ!シートン学園」
          3話まで視聴。
          これは原作漫画を読んでいた。
          いまは読んでないけど更新を楽しみにするくらいにはおもしろかったのだ。
          それがアニメ化ということで、まあ見るわな。
          ランカのcvは木野日菜ちゃんか。けっこう合ってるのでは?
          キングが杉田さんで、生徒会長が田村ゆかりさん。これは楽しみ。
          ライオンとインパラの恋はどうなるのか。
          BEASTARSを見たあとだと、切実・・・てことはまったくない!
          もちろん視聴続行だ。


           

           

           

          「空挺ドラゴンズ」
          3話まで視聴。
          制作はポリゴン・ピクチュアズ。ちょっと見たくなる。
          なんかジブリっぽい雰囲気があるようなないような。
          龍を捕獲して生計を立てているって捕鯨のようなものかな。
          グルメ要素もあるようだが、残念ながら美味しそう!とはならんな。
          とりあえず視聴はしてみる。


           

           

           

          「宝石商リチャード氏の謎鑑定」
          3話まで視聴。
          宝石商の名前、覚えられん。リチャード・ラナシンハ・ドヴルピアン。
          うん、要するにリチャードだな。
          1話完結型の謎解きものかなと思って見たらやっぱりそうだった。
          これならけっこう見やすいかも。
          宝石の知識も得られるしね。役に立つかどうかは知らん。ていうか縁遠いけど。
          こういうアニメはけっこう好きな部類なので視聴します。


           

           

           

          「ソマリと森の神様」
          2話まで視聴。
          最初見たとき、ナウシカの森の人を何となく思い出した。
          人間がもう滅びつつあるという世界設定。
          そして水瀬さん演じるソマリ。引き込まれてしまう。
          ああ、これは絶対泣くやつやと直感。こういうのに滅法弱いのです。
          何となく録画して何となく見始めたけれど、これはアタリかもしれない。


           

           

           

          「推しが武道館いってくれたら死ぬ」
          3話まで視聴。
          PVとか見て、おもしろそうだなと思って、期待していたけど、期待どおり。
          僕はドルオタではないけれど、なんとなく共感するところもなきにしもあらず。
          何かを好きになるというのはほんとにすばらしいことだ。
          で、主人公のえりぴよ。もうHPのキャラ紹介で爆笑してしまうw
          本編も思わず声を上げて笑ってしまうとこが多い。
          それでいて、なんだこの胸の痛みは。うぅ。キュルルンするぅ。
          ところどころでウルっとしてしまう僕は素質ありなのではないかとか。
          これ、武道館行くの?死ぬの?どうなるの?先がとても気になるところ。

          アニメ終わったら原作に進もうとすでに考えている次第。


           

           

           

          「はてなイリュージョン」
          3話まで視聴。
          まったく知識もなく見始めたけれど、はてな可愛い。
          名前が果菜(かな)ではてな。
          なんか癒されそうだし、視聴続行しておく。


           

           

           

          「とある科学の超電磁砲T」
          3話まで視聴。
          Sが2013年4月だからだいたい7年ぶりくらい?懐かしい。そしてやはりおもしろい。
          黒子はなんで車椅子に乗っているのか思い出せなかったので調べた。
          そっか。結標淡希とのバトルでケガしたんだった。
          僕の好きな婚后さんも活躍してくれそうだし、もちろん視聴決定だ。

           

           

           

           

          「ランウェイで笑って」
          3話まで視聴。
          ヒロインのCVが大好きな花森ゆみりちゃんというわけでそれだけで見てみた。
          けっこうおもしろい。いや、だいぶおもしろい。こういう夢を追いかける物語は好きな部類だ。
          少女漫画かなと思いながら見ていたけど、連載はマガジンなのか。
          デザイナーを目指す都村育人クンの物語でもあるんだな。
          1話での千雪の「叶える。一生あるんだもん。」というセリフに熱くなる。
          これも視聴決定だ。


           

           

           

          「虚構推理」
          2話まで視聴。
          予備知識無しで見てみたけど、妖怪ものだったのか。
          まだ冒頭というか始まったばかりでどういう物語になるのかわからん。
          謎解きを一話完結しながらストーリー全体の謎に迫っていくという感じだろうか。
          やたら積極的な岩永琴子ちゃんが可愛い。好きなキャラデ。
          けっこうおもしろそうだし、視聴続行。

           

           

           

           


          えっと全部で12本。ちょうどいい数だな。冬アニメはこんなラインナップ。
          なかなか楽しいアニメライフが送れそうな気がしている。
           


          以上

           


          2019秋アニメの感想。。。

          0

            昨日の昼から大掃除。
            6時間くらいかけてリビングを掃除しただけに終わってしまった。
            途中で消臭元を絨毯の上で倒すというアクシデント。
            そんなことが起こっていると気づかず、ラベンダーの香りがやたらするなあとw
            乾燥機で乾かしてなんとかなった。安物の絨毯でよかったよ。
            今日も引き続き大掃除。水回りを中心にがんばった。
            残念ながら時間切れで寝室が疎かになってしまったけどね。
            まあ年明けでよしとしよう。
            さっき正月用のお酒を買ってきた。さてお正月モードに入るか。

             


            その前に今年最後のブログ更新。
            秋アニメの感想を簡単に。
            完走(見込み含む)した作品は以下のとおり。

             


            「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」
            「放課後さいころ倶楽部」
            「真・中華一番!」
            「星合の空 -ほしあいのそら-」
            「アサシンズプライド」
            「BEASTARS ビースターズ」
            「神田川 JETGIRLS」
            「私、能力は平均値でって言ったよね!」
            「Fairy gone フェアリーゴーン」
            「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-」

             


            だいたい毎日1話ずつ見る感じで、週末に残りをまとめ見していた。
            数的にはこのぐらいなら積むことなくこなせる感じ。
            少しずつ感想を。
             

             


            「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」
            これはとても気に入った。
            ストーリーもよかったし、街の風景なんかも僕好み。
            特異な形ではあるけれど、やりたいことをやるためにひたすら前進していくマインがよかった。
            いろんなものが詰まっていたような気がするな。
            最終回でようやく第1話の導入部へつながった。
            そして第2部が春に放送されるらしい。これは楽しみだ。

             

             

            「放課後さいころ倶楽部」
            毎週木曜日の夕飯時に見るのが習慣になっていた。
            帰宅時間が9時前。それから風呂入って、飯準備してテレビON。
            毎週癒されました。
            メインの4人の関係がとても気持ちよかったね。
            プレイするゲームも面白そうだった。
            ロフトとかジョーシンとかに行くとけっこう置いてあるもんなんだね。知らんかった。
            最終回はまさかの鬱回か!と思ったけど、無事、着地成功。楽しめました。

             

             

            「真・中華一番!」
            料理アニメはやっぱり面白いな。
            これは必殺技系だったけど、その辺も楽しめた。
            最終回はすんごいところで終わられてビックリ。
            これ、どうすんの?と思ったら「続編制作始動」ということらしい。
            そら、そうやろと思ったけど、いつから?来年中にはあるのかな。

             

             

            「星合の空 -ほしあいのそら-」
            最終回未視聴。
            これは2クールやりそうな感じだったけど、1クールで終わりなのか。
            けっこうおもしろいと思って見ていたんだけどね。
            ほとんどの部員が何らかの問題(特に家族)を抱えているという設定がしんどかった。
            うーむ、なんと言ったらいいのか。毎回、お前もかい!というのがしんどかったね。
            もっとさわやかなスポーツものを期待していたので、そういう意味ではちょっと違ったかな。

             

             

            「アサシンズプライド」
            楠木ともりちゃんがメインなので視聴決定した作品。
            まあふつうにおもしろく見れたかな。
            ラストはちょっとなんのこっちゃだったけど。
            めっちゃ途中で終わった感。あるあるだけどね。

             


            「BEASTARS ビースターズ」
            最終回未視聴。
            つーかぼんちゃん結婚て!しかも畠中くんと。
            あの伝説のカバネリラジオからのこれかよ〜
            今年最後にびっくりしたニュースはこれだったね。
            えっと作品はとてもおもしろく見れた。
            設定が斬新というか興味深かった。
            最後まだ見れてないけど、二頭?はどうなるのか?楽しみ。

             

             

            「神田川 JETGIRLS」
            最終回未視聴。
            つーか1回飛ばしてるからなあ。最終回は年明け放送とのこと。
            これは思ってたのと全然ちがったけど、まあそれなりに楽しめたね。
            アタマ使わなくてもいいから楽だったwこういうのも必要なのです。

             

             

            「私、能力は平均値でって言ったよね!」
            これは毎週月曜日の夕食時の担当だった作品。
            最後まで楽しめました。
            いろんなパロディが楽しかったね。わからんやつもいっぱいあったんだろうな。
            けっこう辛い話もあったりしたけど、それ込みで楽しかった。
            続きまだありそうだけど、2期あるのかな?

             

             

            「Fairy gone フェアリーゴーン」
            うぅ。衝撃の最終回。何も殺さなくたっていいじゃないかと。
            思わず涙がこぼれてしまったよ。「なんで?なんで?」みたいな。
            せっかくもとの2人に戻れたのになあ。とても残念。
            いまはそればっかりアタマの中にあるけど、とてもいい作品だったと思う。
            市ノ瀬さんがますます好きになったよ。今後も注目。

             

             

            「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-」
            こういうのんけっこう好きなので最後まで楽しめた。
            ルカがいなくなったという設定だったけど、ずっとおったんやね。
            全然気づかんかったわ。
            しかもボスがドラゴンだったとはな。

             

             

            あと、2クール目に入るのが、以下。
            「歌舞伎町シャーロック」
            「バビロン」

             

            どちらも衝撃的な展開。
            とくに「バビロン」はヤバい。ほんと気分悪かったもんな。
            でも見てしまう。気になる。
            最後どうなって終わるのか確かめたいと思う。

             

             

            感想は以上。
            けっこう楽しい秋アニメだった感じ。
            冬はもっと楽しめそうなラインナップ。
            なかでもやはりレールガンかな。これは超楽しみにしている。

             

             


            今年のブログ更新もこれで最後。
            また来年もマイペースで更新していきます。
            来年は8年目か。すっかり習慣になってしまった。
            訪問してくださったどこかの誰かさま、ほんとにありがとうございました。 
            来年もよろしくお願いいたします。 
            では、よいお年を。 
             

             

            以上

             


            2019夏アニメの感想。。。

            0

              今期アニメはわりと順調に消化中。
              そして今日は夏アニメの感想。
              完走したのは以下の作品たち。

               


              「かつて神だった獣たちへ」 
              「手品先輩」
              「ソウナンですか?」
              「彼方のアストラ」
              「ダンベル何キロ持てる?」
              「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」
              「コップクラフト」
              「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」
              「BEM」
              「Dr.STONE」←2クール目へ。
              「ヴィンランド・サガ」←2クール目へ。

               

               

              最終回を迎えた作品の感想を少しづつ。


               
              「かつて神だった獣たちへ」 
              わりとおもしろいと思って見てたけど、後半はなんかしんどかったな。
              ひたすら重かったという感じ。

               

               

              「手品先輩」
              僕の思ってたのとぜんぜん違ったけど、けっこうおもしろかった。
              15分という長さもちょうどよかったような気がするね。

               

               

              「ソウナンですか?」
              これも15分アニメ。「手品先輩」とセットで見てたけど、おもしろかった。
              役に立つかどうかは別としていろいろ知識を得ることができたw

               

               

              「彼方のアストラ」
              これはけっこう期待していた作品だったけど、期待どおり楽しめたな。
              原作未読だったので、ストーリー展開に驚かされたね。
              音泉でラジオをやっていたけど、これがまたおもしろかった。
              ていうかもよちー、自由すぎwまあそういうのが許されるキャラなんだね。
              でも毎回ゲストと繰り広げられる演技の話とか役作りの話とかはとても興味深かったね。
              今日そのラジオの最終回をウォーキング中に視聴。
              安藤監督相手でもいつものもよちーでした。

               

               

              「ダンベル何キロ持てる?」
              これはとてもおもしろかったね。
              動画工房のコメディ系は僕の波長とマッチするんだよね。本作品も同様。
              それに筋トレが題材というのも視聴した理由。
              僕も筋トレは週3くらいでする。自宅だけどね。
              痛風になる前はサウナに行くついでにジムにも行っていた。
              ジムもいいんだけど、そこまでガチガチにする気はもうないので。
              アニメでもいろんなトレーニング方法が紹介されていて、いつもとりあえずやってみていた。
              立花先生のツッコミがけっこうツボだったな。
              これは続編に期待したいね。

               

               

              「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」
              これは毎週金曜日に仕事から帰ってきてすぐにまったりしながら見るのが習慣だった。
              仕事から休日への入り口みたいな。
              とにかくラティナの可愛さよ!
              デイルの気持ちがよくわかる。ていうか羨ましい。そりゃデレデレになるわな。
              EDのラティナも可愛かった〜最後まで楽しめたね。
              これ見て週末の休みが始まるというルーティンはなかなかよかったな。
              今期もそういう存在を探さないと。

               

               

              「コップクラフト」
              事前からけっこう期待していた作品だけど、期待どおりだったな。
              マトバとティラナがもっとバチバチするのかと思っていたけど。
              わりと最初から気が合っていたような気がするぞ。
              そして登場する悪役がなかなかのデキだった。
              最初の事件で姿を消したゼラーダ。CVは芳忠さん。
              これで終わるはずはないよなと思ってたらやはりラスボスだったか。
              最後の事件は市長候補が連続で殺されていく展開でスリリングだった。
              音泉のラジオも毎週の楽しみだったが、これも終わってしまった。残念。

               

               

              「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか供
              相変わらずこのシリーズはおもしろいね。
              今回は春姫編がメインストーリー。
              イシュタル・ファミリア怖い〜アマゾネス怖い〜
              で、第3期の制作が決定!おお、また見れるのか。これは楽しみにしておきたい。

               

               

              「BEM」
              えらいかわいらしいベラだったなあ。
              元祖「妖怪人間ベム」の面影はなし。
              まあそりゃそうだね。元祖はほんと怖かったからな。
              別物として楽しめたし、最後はけっこういい終わり方だったと思う。

               

               

               

              振り返ってみると、けっこうおもしろいシーズンだったなという感じ。
              2クール目に入った「Dr.STONE」と「ヴィンランド・サガ」もおもしろいしな。
              今期もまだ序盤だけれど、いまのところ、なかなかいいのが揃っている感じ。
              特におもしろいと感じてるのは、
              「放課後さいころ倶楽部」と「私、能力は平均値でって言ったよね!」かな。
              その他の作品にももちろん期待。年末まで楽しめれば。

               

               

              以上

               

               


              2019秋アニメの展望。。。

              0

                今日が4連休の最後。
                この連休はよく寝たな。睡眠時間にして8時間くらいは眠った。
                ふだんは5時間から5時間半睡眠である。
                毎日8時間も眠れたら、そのぶん体も楽になるのだろうか。
                でも現状、それはちょっと厳しいなあ。
                もっと余裕のある生活が送れたらいいんだけどね。

                 


                今日は秋アニメの話題。
                今期は本数的にがんばって見るぞ!と自分の中では思っている。
                とりあえず新作としては以下の14本を選びました。
                あとは前クールから引き続き「ヴィンランド・サガ」「Dr.STONE」も視聴中。
                ちょっと忙しい感じだけど、この時期は祝日がけっこう多いのが幸い。
                なんとか時間は作れそうなのでがんばって見ます。

                 


                「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」
                3話まで視聴。
                これは何かのアニメイベントで紹介されていて、楽しみにしていた作品。僕も本好きなので。
                街の風景とか市場の感じ、僕の好きな感じだし、マインも可愛い。
                ギュンターの嫉妬にはドン引きしたけどね。どうやらそういうキャラ設定とのこと。
                最初に出てきたフェルディナンドさんはどうやら終盤で出てくるようだ。
                ここにどうやってつながっていくのかな。楽しみにしておこう。

                 


                「放課後さいころ倶楽部」
                3話まで視聴。
                癒し系かなあと思って何となく見てみたらとても面白かった。
                委員長のCVが富田美憂ちゃん。僕の抱く美優ちゃんのイメージどおりのキャラ。

                それに美姫ちゃんのCVが宮下早紀ちゃん。
                好きで見ていた「はるかなレシーブ」の比嘉かなたちゃんをやってた子だな。
                そういうところも視聴の理由。
                ごきぶりポーカーやってみたい!お正月とか盛り上がりそうだな。

                 

                 

                「PSYCHO-PASS Sinners of the System」
                放送開始前。
                懐かしい。前作の細かいところとかは覚えていないけど、見てみる。
                アマゾンプライムで1と2も見れるしね。テキトーに補完はできそうだ。
                ていうことで1を流しながらこのブログを書いている。

                 

                 

                「真・中華一番!」
                2話まで視聴。
                料理アニメはけっこう好きなので。
                日曜日の朝食を食べながらって感じでちょうどよさそうだ。

                 

                 

                「歌舞伎町シャーロック」
                2話まで視聴。
                まずハドソン夫人のイメージが根底から覆されたw
                これはなかなかおもしろそうだな。
                毎話、シャーロックホームズの小説をモデルにした事件が起こるらしい。
                シャーロック・ホームズは子供のころからとても好物である。
                もちろん小説は4つの長編、5つの短編集を全て読破済み。
                そんなわけで、第2話のモデルは依頼者が話をしている時点ですぐにわかったね。
                そういう楽しみもありそうだ。

                 

                 

                「星合の空 -ほしあいのそら-」
                2話まで視聴。
                ソフトテニスってなに?と思って調べたら軟式テニスのことだった。
                僕が中学生や高校生の頃はソフトテニスなんて言葉はなかったような気がする。
                部活ものはとりあえず見てみるって感じなので。
                こういうのはキャラに感情移入できるかどうかだと思うが、さてどうなるか。
                EDの謎ダンス。この動きはもしや?と思ったらやっぱり江畑さん。相変わらずいい動きですなあ。

                 


                「ノー・ガンズ・ライフ」
                1話視聴。
                諏訪部さんの声ほんといいなあ。
                がんばって見ないとストーリーについていけないかもね。
                とりあえず視聴続行してみる。

                 

                 

                「アサシンズプライド」
                2話まで視聴。
                少し前から楠木ともりちゃんにぞっこん状態であるw
                インターネットラジオ「楠木ともりのともりるきゃんどる」は僕の元気の源だ。
                うぅ。「魔法少女りるりるのテーマ」が勝手に流れ出す。

                アタマの中でしょっちゅう流れているのだ。

                隔週配信なのが悔しい!ほんと悔しいですっ!
                好きな声優さんが出ているという理由でアニメを見ることはまずない。
                でもこれは例外案件だな。これは見る前から視聴決定。
                あんなにうれしそうにメインヒロイン決まったよ〜なんて言われたらそら見るでしょ。

                 

                 

                「BEASTARS ビースターズ」
                2話まで視聴。
                これは黒沢ともよちゃんのツイートで知って、じゃあ見てみるかって感じ。
                ぜんぜん原作は知らないけど、動物版ヒューマンドラマ?なるものらしい。
                肉食動物と草食動物の共存か。まだ始まったばかりだけど、不思議な感覚。
                と思ってたら2話のラストで衝撃の展開がああ!「えええっ???」てなったわ。
                もう見るしかないやん。

                 

                 

                「神田川 JETGIRLS」
                2話まで視聴。
                これは架空のスポーツものかな。
                なんか気楽に見れそうなので選んでみた。
                「つうかあ」みたいな感じ?(←懐かしい)
                まあ「つうかあ」は最終盤での主人公コンビのどつき合いにマジでドン引きしたわけだけど。
                これはそんな感じではなさそうだ。
                HPでキャラをチェックしてみたが、絵だけで決めるならお気に入りは翠田いのりちゃんだな。
                1クール楽しめればいいかな。

                 

                 

                「バビロン」
                2話まで視聴。
                その2話でいきなり衝撃の展開が!
                これは原作を先に読もうかと思っていたんだけど、結局読めず。
                まずはアニメから入って、面白ければ原作にも手を出してみようかな。

                 

                 

                「私、能力は平均値でって言ったよね!」
                3話まで視聴。
                気軽に楽しめそうなコメディかなと思って視聴決定。
                で、なんかけっこうおもしろいんですけど。
                これはいいのを見つけたぞって感じ。

                 

                 

                「Fairy gone フェアリーゴーン」
                1話まで視聴。
                これは分割2クール目。
                どうやら1クール目での謎が明らかになっていくシリーズのようだ。
                マーリヤとヴェロニカはまた昔のように一緒になれるのだろうか。
                OPでもEDでも二人は背中合わせで反対方向を向いているのがちょっとどうなの?という感じ。
                とりあえず気合入れて見てみる。

                 

                 

                「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-」
                3話まで視聴。
                警察ものではあるけれど、エルフとかドワーフとかの種族が人間と共存している世界。
                なかなかおもしろそうな設定だ。
                チームものという設定もけっこう好きだし、視聴続行。

                 

                 

                 

                 

                 

                やっぱりサイコパスおもしろい。見始めると止まらんやつ。
                おのずと3にも期待してしまうね。
                こんな感じで秋アニメ、楽しんでいきます。

                 


                以上


                 


                2019春アニメの感想。。。

                0

                  部屋が蒸し蒸しして、ついついエアコンのリモコンに手が伸びてしまう。
                  でも寝室にはエアコンついてないんだよなあ。
                  まだ寝苦しさは感じない。これから夏にかけてどうなることやら。
                  引っ越しして初めての夏なので部屋の中がどのくらい暑いものなのかわからないからね。
                  扇風機でなんとかなるほどであれば幸いなのだか。

                   

                  今日はアニメの話。7月になって春アニメがほぼ終了。
                  なかなか見る時間がとれない中、まあまあがんばったかな。
                  だいたい平日は夕食時間に1本見れるくらいだ。
                  見れなかったら休日にまとめ見するというパターン。
                  そんな感じで完走したのは以下の作品たち。
                  まだ全部終わってないものもあるけれど。

                   


                  「川柳少女」
                  「ひとりぼっちの○○生活」
                  「Fairy_gone フェアリーゴーン」
                  「世話やきキツネの仙狐さん」
                  「賢者の孫」
                  「進撃の巨人 Season3 第2期」
                  「8月のシンデレラナイン」
                  「キャロル&チューズデイ」←2クール目へ。
                  「鬼滅の刃」←2クール目へ。

                   

                   

                  あれ。こんなに少なかったのか。
                  何と言っても今期は「進撃の巨人 Season3 第2期」だったな。
                  このあたりは原作本で読んでいた。クライマックス感がたまらんね。

                   

                  それから「川柳少女」と「ひとりぼっちの○○生活」もよかった。
                  この作品は毎週土曜日の朝食時間に見るのが習慣になっていた。

                  「ひとりぼっち」はラジオもおもしろかったので毎週聴いていたのだ。
                  でもラジオも終わってしまって、ちょっとしたロス状態w

                   

                  あと、「仙狐さん」は水曜の夕食時間に見ていた。これもほぼ習慣化。
                  ほんと癒されました。

                   

                  「Fairy_gone フェアリーゴーン」は注目作だったけど、最初のほうでちょくちょくわからなくなった。
                  でも後半くらいからけっこうおもしろくなってきた印象。
                  秋から2クール目が始まるということなのでそれまでにちゃんともう1回見直したい。
                  ヒロインであるマーリヤ・ノエル役の市ノ瀬加那さんの声がけっこうというか、かなり好みである。
                  「ひとりぼっち」「キャロル&チューズデイ」にも出ていたし、僕にとってはかなり出現率高かったのでよかった。
                  フェアリーゴーンのラジオも聴いていた。
                  あ、別に市ノ瀬さんが出ているという理由で作品は選んでません。たまたまなのです。

                   

                   

                  とりあえず春アニメは視聴作品が少ないながらも、わりと満足。
                  夏アニメもできる限り見るようにしたい。
                  もう何作かは視聴済み。
                  なかなかいい感じの手応えかな、今のところ。

                   

                   

                  以上


                   


                  2018年アニメのまとめ。。。

                  0

                    今日は久しぶりにアニメのはなし。

                    ていうかかなりサボってしまったな。
                    直近の記事が2018夏アニメの感想。。。とか。いつやねんみたいな。
                    そして2018年のまとめ記事も上げていない状況。

                    心の片隅にはおいてあったんだけどね。

                    年末からの引っ越しイベントでまったく更新する余裕がなかったのです。
                    競馬予想の記事が精一杯って感じだった。競馬回顧もサボってたしね。
                    んで、アニメのほうもサボってた。ブログだけではなく見るのもサボってたのだ。
                    つまり今期についてはほとんど作品自体を見ていない。
                    録画はしていたんだけど、見る時間がほとんどない状態だった。いろいろ忙しくてねえ。
                    そんな中でもどうにかこうにかして何とか継続的に見ているのは、

                     

                    「風が強く吹いている」
                    「ピアノの森」
                    「エガオノダイカ」

                     

                    この3本だけ。つーか今期新作は「エガオノダイカ」の1本だけという。
                    いろいろラインナップは挙げていたんだけど、結果的にこうなってしまった。
                    そういうわけで春アニメはがんばって見る。これ、春の目標。
                    ただし今までよりは本数は減りそう。これは仕方なし。
                    なんせ現状、平日はほとんど見れない状態になってしまってるからなあ。
                    たぶん厳選はすることになりそうだ。
                    少しずつだけどいろんなことが引っ越し前の状態に戻りつつある。
                    いろんなことが落ち着くところに落ち着けばまた時間も取れるだろう。
                    自由な時間をもっと手に入れたい。そこは僕のこれからの課題だな。


                    で、今日は2018年のまとめを遅ればせながら簡単に。
                    これは備忘録みたいなものだからやっておかないと僕としても気が済まぬので。
                    去年の作品で僕が見たのはこんな感じだった。(ずいぶん前のことのような)


                     冬アニメ 1月-3月
                    「宇宙よりも遠い場所」
                    「ゆるキャン△」
                    「ラーメン大好き小泉さん」
                    「スロウスタート」
                    「三ツ星カラーズ」
                    「りゅうおうのおしごと!」
                    「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
                    「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」
                    「恋は雨上がりのように」
                    「ハクメイとミコチ」
                    「キリングバイツ」
                    「刀使の巫女」 
                    「グランクレスト戦記」
                    「弱虫ペダル-GLORY LINE-」
                    「BEATLESS」

                     

                    春アニメ 4月-6月
                    「ウマ娘 プリティーダービー」
                    「ピアノの森」
                    「あまんちゅ!あどばんす」
                    「ヒナまつり」
                    「ひそねとまそたん」
                    「メガロボクス」
                    「ヲタクに恋は難しい」
                    「多田くんは恋をしない」
                    「LOST SONG」
                    「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」
                    「シュタインズ・ゲート ゼロ」
                    「重神機パンドーラ」

                     

                    夏アニメ 7月-9月
                    「はねバド!」
                    「ヤマノススメ サードシーズン」
                    「殺戮の天使」
                    「はるかなレシーブ」
                    「ちおちゃんの通学路」
                    「音楽少女」
                    「はたらく細胞」
                    「プラネット・ウィズ」
                    「悪偶ー天才人形ー」
                    「京都寺町三条のホームズ」
                    「アンゴルモア 元寇合戦記」
                    「少女☆歌劇レヴュースタァライト」
                    「つくもがみ貸します」
                    「進撃の巨人Season 3」

                     

                     秋アニメ 10月-12月
                    「色づく世界の明日から」
                    「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」
                    「あかねさす少女」
                    「RErideD」
                    「となりの吸血鬼さん」
                    「とある魔術の禁書目録掘
                    「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」
                    「SSSS.GRIDMAN」
                    「RELEASE THE SPYCE」
                    「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」
                    「アニマエール!」
                    「ツルネ ―風舞高校弓道部―」
                    「風が強く吹いている」


                    ワンシーズン12〜3本という感じか。けっこう見てるなあ。
                    うーむ。やっぱり今後も同じだけ見るというのはちょっと厳しそうだな。
                    去年の作品で特に印象に残ったのは、

                     

                    「宇宙よりも遠い場所」
                    「ゆるキャン△」
                    「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
                    「ハクメイとミコチ」
                    「刀使の巫女」 
                    「BEATLESS」
                    「ピアノの森」
                    「あまんちゅ!あどばんす」
                    「重神機パンドーラ」
                    「はるかなレシーブ」
                    「進撃の巨人Season 3」
                    「風が強く吹いている」

                     

                    あたりか。ていうか去年の冬アニメの充実っぷりがやはりすごかったということだな。
                    僕にとっては正直尻すぼみ気味な去年だったようだ。

                    まあこれは僕の趣味の話だから、どうしようもないこと。
                    今年はどんな作品に出会えるのか。
                    さっそく出足でこっちが躓いてはいるけれど、春以降に期待したい。

                     


                    以上


                     


                    2018夏アニメの感想。。。

                    0

                      いつの間にやら11月。
                      なんと!今年も残り2か月を切ってしまった。
                      毎年のことながらびっくりというかがっかりというか。
                      ていうか寒い。ストーブはまだまだと思っているが、ちょっと怪しいぞ。

                       

                      今年は僕にとってはライフスタイルをずいぶん見直した年となった。
                      今のところそれは成功していると言っていいかも。
                      もちろん来年も同じことをしていくわけで、継続的な結果が得られるように努力する。
                      ていうかうまくいっているのかどうかってすぐにはわからないからな。
                      とにかく今はその点に関してはとても気分がよいのだ。
                      そういう気分がいつまでも続くように毎日しっかりと生きていきたい。

                       


                      えっと今日はアニメの話をするんだった。
                      秋アニメはまあまあ順調に視聴中。
                      やや遅延案件が出始めているけどね。まだなんとかなる範囲。
                      けっこういい感じで楽しめている。
                      で、今日はおそくなってしまったけれど夏アニメの感想を簡単に。
                      僕の中ではイマイチのシーズンになった感。
                      まあこれは個人的な好みの問題でもあるからな。
                      その中で無事完走した作品は以下のとおり。

                       

                      「はねバド!」
                      「ヤマノススメ サードシーズン」
                      「殺戮の天使」
                      「はるかなレシーブ」
                      「ちおちゃんの通学路」
                      「音楽少女」
                      「はたらく細胞」
                      「プラネット・ウィズ」
                      「悪偶ー天才人形ー」
                      「京都寺町三条のホームズ」
                      「アンゴルモア 元寇合戦記」
                      「少女☆歌劇レヴュースタァライト」
                      「つくもがみ貸します」
                      「進撃の巨人Season 3」

                       

                      数としてはがんばったほうだろう。
                      少しづつ感想。

                       

                       

                      「はねバド!」
                      途中であきらめそうになったけど何とか完走。
                      綾乃ちゃんのキャラがどうしても好きになれずしんどかった。
                      まあ好きな人おらんわな。
                      原作とはだいぶ違うという話だが、視聴後、原作を見てみる気にもならず。

                       

                       

                      「ヤマノススメ サードシーズン」
                      まさかの鬱展開w
                      いやいやこれこそ予想外でしんどかったですわ。
                      ひなたとあおいがぎくしゃく。というよりひなたの独り相撲だったけどね。
                      まあ最後にはハッピーなエンドが待っていると信じてがんばったね。
                      ほんといいアニメですわ。フォースもぜひ。

                       

                       

                      「殺戮の天使」
                      なんだかこれは最後までよくわからなかった。
                      そして最後もなんのこっちゃ。というか続きはアマゾンプライムで?
                      ちょっと厳しかったね。

                       

                       

                      「はるかなレシーブ」
                      これは最高だった!自分でも予想外の大当たりで毎週の楽しみだった。
                      キャラもみんなよかったし。仲良しこよしでええやんていう。
                      こういうのは「ろこどる」で味わった感覚だったような気がするね。
                      これは原作はまだ続いているのかな。そりゃあ全国大会しないとね。
                      ちょっとチェックしておこう。
                      それから音泉のラジオもよかった。毎週のウォーキングが楽しかったもんな。
                      だから今でも微妙にロスってる感じ。復活ないかなあ。

                       

                       

                      「ちおちゃんの通学路」
                      これはたまにツボなところがあったかな。
                      ただ絵があまり好みではない。
                      まあこればっかりは仕方ないけどね。

                       

                       

                      「音楽少女」

                      作画が話題になってたやつw
                      僕はそんなに気にならなかったけどね。
                      ただライブシーンはなあ。観客のオタのほうが動いてるというw
                      でもまあまあおもしろかったし、結果的には楽しめたってことで。

                       

                       

                      「はたらく細胞」
                      これはこの夏一番評判よかったようだが、確かにおもしろかった。
                      最後は大ピンチが訪れたけれど、何とかハッピーエンド?で締めくくり。
                      まさか死んで終わりってことはないか。
                      そんな終わり方はさすがにひどすぎるわな。トラウマになりそうだし。

                       

                       

                      「プラネット・ウィズ」
                      2話か3話あたりの銀子の「ご馳走様はっ!」て宗矢に怒るシーンが最高だったなw
                      キャラのエピソードがいちいちしんどくて大変だったが、何とか完走。
                      不思議系アニメだったけど、けっこうおもしろかった。

                       

                       

                      「悪偶ー天才人形ー」
                      うーむ。中途半端な終わり方。
                      ていうか思いっきり途中で終わってるよね。

                       

                       

                      「京都寺町三条のホームズ」
                      うーむ。原作は評判いいんだよね?
                      なんかおもしろさがよくわからなかった印象。
                      富田美憂ちゃんの声が存分に聞けたのでまあいっか。

                       

                       

                      「アンゴルモア 元寇合戦記」
                      うーむ。結局ボコボコにされて・・・?
                      最後はなんのこっちゃって感じだったな。

                       

                       

                      「少女☆歌劇レヴュースタァライト」
                      これはけっこうおもしろかったし、楽しめた。
                      最終回のひかりの舞台の演出。かなりよかった。
                      ピンクの星積みのやつ。振り子の星がドーンと崩すシーン。
                      ああいうの好きなのだ。
                      キャラもみな個性的でよかったと思う。
                      ラストもとても演劇的でけっこう満足でした。

                       

                       

                      「つくもがみ貸します」
                      お紅さんがやたら可愛かった。
                      ストーリーの方は途中でよくわからなくなってしまったな。
                      まあそれは僕のお頭の問題でもあるけれど。
                      原作は未読だがこれは機会があれば読んでみたいと思ったね。

                       

                       

                      「進撃の巨人Season 3」
                      おもしろかった。
                      僕の好きなヒストリアが大活躍でよかった。ほんと可愛いなあ。
                      最終話の特殊EDが話題に。そりゃあなるよね。
                      僕は録画で見ていたのだが、録画に失敗したのかと思ったw
                      続きは4月だったかな。めっさ楽しみ。

                       

                       

                       

                      感想は以上。結局、特に印象に残ったのは

                       

                      「はるかなレシーブ」
                      「少女☆歌劇レヴュースタァライト」
                      「進撃の巨人Season 3」

                       

                      くらいかな。まあこういう期もあるでしょ。 
                      その分、秋アニメに期待している。今のところ、まあまあいい感じだね。
                      年末まで楽しんでいきたい。
                       

                       

                      以上
                       


                      | 1/12PAGES | >>